スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キットバイク 納車までの記録 その8 完成間近

DSCF1179.jpg

DSCF1180.jpg

DSCF1181.jpg

DSCF1182.jpg

DSCF1185.jpg

DSCF1186.jpg

DSCF1187.jpg

DSCF1188.jpg

DSCF1189.jpg

DSCF1190.jpg

DSCF1191.jpg

DSCF1192.jpg

DSCF1193.jpg

DSCF1194.jpg

DSCF1195.jpg

DSCF1196.jpg

DSCF1197.jpg

DSCF1198.jpg

DSCF1199.jpg
スポンサーサイト

キットバイク 納車までの記録 その8  エンジンパート

中華エンジン・パートもいよいよ大詰めです。

↓ロンシンとリーファンで部品精度が違う部分がココ!


DSCF1162.jpg

緑丸で囲って有る所ですが、写真はニュートラルの所です。
ここが凹みにピッタリハマっている物で有れば、比較的ギアチェンジで支障が無いはずです、しかしロンシンとリーファンと記載しましたが、排気量バージョン違いや、ロットによっても此処の精度が荒い物が有ります。
ローラーストッパーがピッタリハマらない物は、ニュートラルに入りづらい・ギア抜けするなど、難儀するので日本製に交換するか、削って加工して下さい。


↓赤丸がOILの吸い口で、緑○が吐出口になります。
日本製ならココの合わせ面に薄いガスケットが入りますが、中華製には入っていません。
作業する時は、傷を付けないように!!


DSCF1163.jpg

↓自分で組んで、「クラッチが切れない?!ギアが動かない?!」などの組み付けミスし易い場所です。
クラッチバスケットのストッパーですが、ミッション・メインシャフトに切り欠き溝がしっかり有るのを確認して、何の為に有るのか考えて下さいねw
構造は至って簡単ですから、クラッチ本体のセンターナットを締める時、ここで止まらないと、ミッションの方をギュウギュウ締め上げてしまう結果になるからです。


DSCF1164.jpg


DSCF1165.jpg

溝に添って挿入して、突起同士が合う所で止めます。

DSCF1166.jpg

↓このストッパーで固定します。

DSCF1168.jpg

DSCF1169.jpg

↓ここのクランクシャフトに入るギアも向きが有りますので注意して下さい。

DSCF1174.jpg

↓「組みあがった!さぁエンジン始動・・・カリカリ変な音がする・・・」
こんな事無いですか? キックシャフトのストッパーは、ちゃんとポンチマーク合わせましたか?
ここも失敗し易い所ですwww


DSCF1171.jpg

↓クラッチ板もホルダーもしっかり密着するのが組み付け正解です。
ここが少しでも、内溝がズレて組まれるとクラッチが切れっぱなしの状態になるので注意です。


DSCF1175.jpg


DSCF1176.jpg

最後の仕上げに、クラッチカムの支柱にグリスをタップリ塗りましょう。
最初からO-リングの所にグリス入ってませんので、動きが渋いですwww


DSCF1177.jpg


以上で、大体の組みのチェックポイントを書きましたが
かなり端折ってますw
旧ブログの方も見て、参考にして頂ければ幸いです。


キットバイク 納車までの記録 その7  エンジンパート

腰下の組み立てです。
エンジン組み立ては、集中してやってるので
作業内容の写真撮り忘れが有りまして、詳細を割愛してます。
すみません、旧ブログの方を参照して頂ければ助かります。


DSCF1136.jpg

組み立てる時は、各所に適材適所でケミカルを使用しております。
ギアや、ベアリングにはゾイルを♪
ハイコンプEGの場合によっては、エンジンオイルを
(モチュール300V)


DSCF1137.jpg

必ず一つ組んだら、各部の作動を確認!!
ミッションなんか、組間違えを起こしやすい所で
シムの入れ忘れ・入れ間違いで渋かったり、ガタが多きかったりwww


DSCF1138.jpg

余分なガスケットを切除。
中華エンジンは、シリンダとクランクケースの合わせ面で、この部分が無理やり潰されて組まれています。
ここからOIL漏れが多発します。


DSCF1139.jpg

このO-リングの所も漏れやすい場所ですので、少し固めの液体ガスケットを使います。赤いチューブがそれです。
液体ガスケットも場所によって、使い分けしています。
漏れやすい所は、固めの液ガスケット
普段OILに浸かって無いような所や、部品精度が高い所などは柔らかい液ガスケットを。


DSCF1140.jpg

ピストンです、中華エンジンは物に依りますが
殆どのタイプでピストンクーラーを採用されています。
ピストンクーラーとは、ピストンの裏側に向かって直接OILを吹き付ける機構の事です。
OILポンプから圧送された物が、クランクケースのシリンダホールの所に小さな穴が開いてましてそこから、勢いよく噴射される仕組みになってます。


DSCF1141.jpg

ピストンの裏側にOILを吹き付けられる訳ですから、少しでも効率良く受け止めまた、ピストンの胴に空いてる穴から、ピストンとシリンダ壁に潤滑させてあげる為に、すり鉢状に少し加工して上げます。

DSCF1142.jpg

解りづらい画像ですみません。

DSCF1143.jpg

ピストンスカートの角バリを磨いて上げます。

DSCF1145.jpg

DSCF1146.jpg

DSCF1147.jpg

↓此処のカラーですが、結構「自分で組みました」って人が忘れてる人が多いですw
OILが漏れる、OILの減りが多く黒煙を吐くなどの症状で修理依頼を受けると、決まってここを入れ忘れてる。
OILをヘッドへ圧送する為の通路ですので、入れて無いとOIL圧が外に逃げるか、燃焼室に逃げてピストンがドロドロになります。


DSCF1148.jpg

DSCF1149.jpg

バルブタイミングを計ります。
中華エンジンだからでは無く、4サイクルエンジンならやっておいた方が良い事です。
確認の意味も込めて念入りに!

油断禁物、ダメゼッタイwww







DSCF1150.jpg

キットバイク 納車までの記録 その6

フロント周りの改良をやっていきます。

DSCF1111.jpg

DSCF1112.jpg

キットバイクのベアリング関係は、いい加減なグリス注入なので、初めから塗ってなかったりしますw

DSCF1113.jpg

フロントフォークですが、インナーガイドが物凄く弱いです!
中華製から、日本製に交換して上げます。
どの様に弱いかと言うと、寸法がいい加減なので最初からガタが有ります。
摩耗にも弱く速攻でガタガタに肉痩せしてしまい、ブレーキを掛けるたんびに、カックンカックンになっちゃいます。

日本製を入れると、少しキツイですが直ぐにシットリした感じでスムーズに動くようになります。


DSCF1114.jpg

DSCF1115.jpg

DSCF1116.jpg

DSCF1117.jpg

DSCF1118.jpg

ボディ・ステッカー張り

DSCF1119.jpg

私は、ステッカーを張る前の脱脂は、パーツクリーナーでは無く、エタノールを使います。
出来るだけ塗装を痛めない為。 あと、水滴も出ないし、安いしw


DSCF1120.jpg

張る前は、位置決めし易いように、水道水を入れた霧吹きに台所洗剤を一滴混ぜた物を塗布します。

DSCF1121.jpg

DSCF1122.jpg

位置が決まったら、中心から外側に向かって空気と水を押し出していきます。

DSCF1123.jpg


みんな大好き♪エンブレムw

DSCF1124.jpg

コーションラベルや、型式ステッカーを張る目安にして下さい。
純正は、ちゃんと決まった位置が有ります。


DSCF1125.jpg

DSCF1126.jpg

リアフェンダーの取り付け位置を確認中♪
リアが10cmもバックしてるので、タイヤアーチに添うのが好ましいですよね!


DSCF1129.jpg

DSCF1128.jpg

DSCF1127.jpg


フロント周りも有る程度、出来上がってます。
タコメータなんか、すっきりカッコ良く!センターで如何でしょう?

クラッチ側もモット良くしたい所ですねw♪


DSCF1130.jpg

DSCF1131.jpg

DSCF1132.jpg

DSCF1133.jpg

キットバイク 納車までの記録 その5  エンジンパート

エンジン・ヘッドを改良していきます。

DSCF1070.jpg

DSCF1071.jpg

改良ポイントは、部品製造時の荒を取り除く事です。
意外と仕上げで、気を使って無い所が多々有りますから、、、と言っても此れは、中華に限った話では無く
国産ホンダの製品設計をそのまま、模して有りますので、国
産でも同じ様な所が有ります。


下の画像で指してる所を切削して
スムーズな流れを作って上げます。


DSCF1073.jpg

DSCF1072.jpg

DSCF1074.jpg

DSCF1075.jpg

DSCF1076.jpg

切削中

DSCF1081.jpg

DSCF1082.jpg

DSCF1085.jpg


中華エンジンは、バルブの擦り合わせなんてもん、
してある筈も無く。
改めて、擦り合わせする事により、圧縮漏れを防ぎます。


DSCF1084.jpg

DSCF1083.jpg

DSCF1087.jpg

ミッションも、改めてスムーズなギア移動を狙って行きます。

DSCF1088.jpg

DSCF1089.jpg

DSCF1091.jpg

ミッションには、メインシャフトとカウンターシャフトが有り
そのスプライン(溝)をギアが移動する事によりギアチェンジします。
ここに、ガタや引っ掛かりがあると、ミッションブローにも繋がりますので細かく面取りして上げます。
ただ!無暗やたらにすると、肉痩せしてガタに繋がりますので、慎重に!!

ギアがスライドして隣のギアと繋がる所をミッション・ドッグと言いますが、普段そこは慣らし運転で直ぐに
角が取れる場所でも有りますので、ここではその慣らしを早める程度に留めて置きます。
する事によって、最初のOIL交換時にスラッジの出方が大幅に変わってきますよ♪


DSCF1092.jpg

*追加パーツの画像

艶めかしいブルーですwwww
案外、左のグリップは色も車体と合うし、握り心地もグッド♪


DSCF1094.jpg


最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
7343位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1838位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。