スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キットバイク 納車までの記録 その5  エンジンパート

エンジン・ヘッドを改良していきます。

DSCF1070.jpg

DSCF1071.jpg

改良ポイントは、部品製造時の荒を取り除く事です。
意外と仕上げで、気を使って無い所が多々有りますから、、、と言っても此れは、中華に限った話では無く
国産ホンダの製品設計をそのまま、模して有りますので、国
産でも同じ様な所が有ります。


下の画像で指してる所を切削して
スムーズな流れを作って上げます。


DSCF1073.jpg

DSCF1072.jpg

DSCF1074.jpg

DSCF1075.jpg

DSCF1076.jpg

切削中

DSCF1081.jpg

DSCF1082.jpg

DSCF1085.jpg


中華エンジンは、バルブの擦り合わせなんてもん、
してある筈も無く。
改めて、擦り合わせする事により、圧縮漏れを防ぎます。


DSCF1084.jpg

DSCF1083.jpg

DSCF1087.jpg

ミッションも、改めてスムーズなギア移動を狙って行きます。

DSCF1088.jpg

DSCF1089.jpg

DSCF1091.jpg

ミッションには、メインシャフトとカウンターシャフトが有り
そのスプライン(溝)をギアが移動する事によりギアチェンジします。
ここに、ガタや引っ掛かりがあると、ミッションブローにも繋がりますので細かく面取りして上げます。
ただ!無暗やたらにすると、肉痩せしてガタに繋がりますので、慎重に!!

ギアがスライドして隣のギアと繋がる所をミッション・ドッグと言いますが、普段そこは慣らし運転で直ぐに
角が取れる場所でも有りますので、ここではその慣らしを早める程度に留めて置きます。
する事によって、最初のOIL交換時にスラッジの出方が大幅に変わってきますよ♪


DSCF1092.jpg

*追加パーツの画像

艶めかしいブルーですwwww
案外、左のグリップは色も車体と合うし、握り心地もグッド♪


DSCF1094.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スゴイデス!!

ヘッド研磨にバルブのすり合わせ、ミッションの面取りまでされておられるとは、、、関心通り越してスゴイです。
まるでレーサー作ってるみたい。
ヨダレが止まりませんwww
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
10186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2460位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。